ほしよりこ『山とそば』を読んだ

山とそば

山とそば

著者が国内のあちこちへ旅行へいったときの絵日記。松本、上高地、岩国、宮島。鹿児島、阿蘇といった旅先での出来事が綴られている。

現地の様子や動物たちとの交流の雰囲気などに癒やされて、自分も同じ土地を訪れたくなった。