カーマイン・ガロ『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン』を読んだ

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン

  • 作者: カーマイン・ガロ,外村仁解説,井口耕二
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2010/07/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 126人 クリック: 3,690回
  • この商品を含むブログ (302件) を見る

スティーブ・ジョブズのプレゼンを分析した本書、今更ながら読んだ。ジョブズの過去のプレゼンではどのようなテクニックが用いられていたのかを紐解きながら、聴衆を惹きつけるノウハウを示している。ジョブズに限らず、プレゼンテーションという形で人々にメッセージを伝える立場にある経営者などの事例も織り交ぜられている。終始述べられているのは、聞く人がプレゼンテーションを理解する上でのノイズをなくして、どうやって効果的にメッセージを伝え、楽しませるのかという点に思う。

著者のカーマイン・ガロは、プレゼンテーションやコミュニケーションを教えるコーチとして、世界の様々なブランドを支えているという。著者のバックグラウンドで培われた知見も隣りあわせに詰め込まれているようで、単なるジョブズ論やプレゼンノウハウ集で終わらず、一対他のコミュニケーションのアドバイスを教える内容となっている。

内容は、目次に譲る。

■人々を惹きつけるプレゼン 18の法則
構想はアナログでまとめる/一番大事な問いに答える/救世主的な目的意識を持つ/ツイッターのようなヘッドラインを作る/ロードマップを描く/敵役を導入する/正義の味方を登場させる/禅の心で伝える/数字をドレスアップする/「びっくりするほどキレがいい」言葉を使う/ステージを共有する/小道具を上手に使う/「うっそー!」な瞬間を演出する/存在感の出し方を身につける/簡単そうに見せる/目的に合った服装をする台本を捨てる/楽しむ

感想

伝えたいメッセージのつくり方においても、会場の雰囲気のつくり方においても、プレゼンテーションを魅力的に仕上げるのはなかなか難しいことだと思う。退屈にならないプレゼンテーションのための実践ポイントが具体例と共に示されていて、まずは意識的にそれを取り入れてみるところから少しずつはじめられそうである。話すことについてのモチベーションが高まって良い。

また、個人的には練習の重要性は理解していたつもりでも、実態としてはまだまだ足りないということに気づいたので、もう一歩踏み込んで完成イメージを想像するようにしたいと思った。それから、演じるという視点が欠如していたので、意識していきたいと思った。