鈴木成一『デザイン室』を読んだ

デザイン室

デザイン室

装丁家の著者がこれまで手がけてきた仕事の中から約150の作品をランダムに選択し、その装丁について、ひとつひとつデザイン意図や考えを披露していくという内容。1作品あたり1見開き〜数見開きという軽快な構成で読みやすい。デザイナーに限らず本造りに携わる人なら誰もが楽しめる内容だと思う。

著者のデザインへの真剣な眼差しと、適度な距離感の取り方が好印象だった。デザインと向き合う上でいろいろと参考になる一冊だった。