Chromecast Audio

f:id:murata_s:20180118085717j:plain

先日Chromecast Audioを購入したので、音楽環境にすこし変化が出た。全体像は図の通り。もっぱらSpotifyのプレイリスト(JazzやClassicalが多い)をGenres & Moodsから選んで聴いている。

手元のスマートフォンからSpotifyのアプリを立ち上げて選ぶと、Chromecast Audioが音楽を再生してくれる。言葉にすると単純だが、自分にとっては大きな変化だった。なぜなら、これまでは据え置きのiMacがプレイヤーとなっていたから。たとえ作業予定がなくても、音楽を聴くためにはMacを起動しておかなければならなかったし、Macと音響設備を物理的に繋いでおく必要もあった。これからは部屋のレイアウトにも自由がきくようになる。Spotify Connectによって、PCでもスマートフォンでも選曲ができるのも良い感じ。

ひとつ気になるとすれば、Chromecastでの再生をMacのSpotifyから開始できないということだろうか。おかげで毎日スマートフォンから再生を開始するようになってしまった。しかしいちど再生してしまえば、Macから選曲が可能なのでそこまでストレスにはなっていない。

Google Play Musicは手元の音源をアップロードできるので試してみたけど、我が家の環境ではMacのブラウザで再生したものをUSB経由で聞くとあまり綺麗には聞こえなかった。一方Chromecastから再生するとそれなりに聞けた。iTunesからの再生と比べても著しい欠損もないように感じられるので、手元の音楽を聞きたいときには重宝しそう。アップロードにはかなりの時間がかかるのが、仕方ないけど難点。

次に試してみたいと思っているのはGoogle Homeを別室に設置すること。Google HomeとChromecast Audioの組み合わせでもオーディオグループがつくれるので、部屋を移動しても地続きで音楽が聞ける環境をつくることができるとのこと。お風呂場とかが良いかもしれない。