文章の改行位置をいいかんじにするCSS

レスポンシブな画面の作りかたをしていると、幅がせばまったときに改行されてほしくないところで改行されてしまうことがよくある。 蒼く透き通った空と瀬戸内の柔ら // ここで要素の幅いっぱいになる かな波の音 とくにキャッチコピーやリード文など印象的に…

『「認められたい」の正体 承認不安の時代 』(山竹伸二)を読んだ

「認められたい」の正体 承認不安の時代 (講談社現代新書)作者:山竹伸二発売日: 2017/01/13メディア: Kindle版 社会共通の価値観がゆらいでいる現代は、自由な行動の可能性が広がるいっぽうで、誰からも認められる行為の認識は、昔に比べて不透明になってい…

『魔法のiらんどリニューアルにおけるデザインの考えとその実践』を執筆

Hatena Design Group に『魔法のiらんどリニューアルにおけるデザインの考えとその実践』を書きました。 design.hatenastaff.com 魔法のiらんどのリニューアルプロジェクトで、デザイナーはどのようなことを考えてデザインの方向性を定めたのか、その思考の…

『超スピード文章術』(上阪 徹)を読んだ

超スピード文章術作者:上阪 徹発売日: 2017/08/25メディア: Kindle版 さいきん文章を書いているので、文章術の本を何冊か読んでいます。そういえばこの手の本は読んだことないなと思って、Amazonをぶらついていたときに見つけたこの本をまず1冊目として読ん…

Calm

はてなブログのデザインテーマをつくりました。このブログで設定している『Calm』です。 このテーマでやりたかったことはおもに2つ。ひとつは、雑多な種類の情報が並んでもなんとか見るに耐えるデザインであること。もうひとつは、ポートフォリオのような使…

『デザイナーとして起業した(い)君へ』(David Airey)を読んだ

デザイナーとして起業した(い)君へ。成功するためのアドバイスーWork for Money, Design for Love作者:David Airey発売日: 2013/11/13メディア: 単行本(ソフトカバー) タイトルをみるといかにもフリーランス向けの本のようですが、ざっくり前半は仕事の獲…

紙の本

4年前は自分のライフスタイルにKindleはあまりなじまなかったのですが、2020年になってあたらしく買いなおしたら、こんどはKindleばかりの生活になってきました。Kindleで配信されないような本を手にとっていないということに気がつきます。

『見た目のデザインから意味のデザインへ――はてなのデザイナーがプロダクトの価値を高めるためにやっていること』を寄稿

翔泳社さんの新メディアProduct Zineに寄稿させていただきました。 はてなのプロダクト開発の現場で、ユーザーに喜んでもらえる価値づくりのために、デザイナーとして何を考え、どうデザインを活用しているのかを紹介しています。 よろしくお願いします。 co…

『読書を仕事につなげる技術』(山口周)を読んだ

外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術作者:山口 周発売日: 2015/10/20メディア: Kindle版 前回読んだ『戦略読書』に続き、読書本2冊目です。ビジネス書・教養書 × 何を読むか・どう読むかで章立てされていますが、各論は本を読めば良いので、個…

『戦略読書』(三谷宏治)を読んだ

戦略読書作者:三谷 宏治発売日: 2015/12/21メディア: Kindle版 読みたい本は毎日のように増えていくけれど、思ったほど読書に時間を使えていない自分がいました。そこで、読み方の改善が必要なのではないかと思ってインターネットを散歩していたら、この本を…

デザイナーのための ErgoDox EZ キーマップ

身体を縮こめて手首が窮屈な状態で一日に何時間もタイピングしていることに違和感を感じてErgoDox EZを買ったのが2019年の8月のこと。 縮こまらずにタイプできることに加えて期待していたことがもうひとつありました。それはキーマップをファームウェアで変…

InkBleed

インクがにじんだような読みにくいテキストを作れる、Mac向けの新しいアプリケーション、InkBleedのアイコンをデザインしました。 にじみつつある文字列と、にじみを調整するハッシュマーク付きの範囲コントロールをモチーフにした図案です。機能を素直に表…