Vimのカラースキーム Andon

f:id:murata_s:20170914135352p:plain

2014年につくったVimのカラースキーム「Andon: Colorscheme for Vim」の紹介ページをリニューアルしました。実際のエディタ上での見え方をシミュレーションしている見た目にしました。

AndonはVimのカラースキームです。長時間見つめても目が痛くならず、長期間使い続けても飽きがこないカラースキームがほしいなと思って、いろいろ見ていたのですが、しっくりくるものがなかったので、自分でつくってしまいました。

格好良いカラースキームが世の中にたくさんある中で、どんな配色のカラースキームをつくるのが良いのか。選べる色の数が決まっている中でどんな色を選択し、それぞれの色の意味をどのように定義するのか。ああこれは立派なデザインだなと思いながら、色を探す作業がはじまったのでした。

日本に暮らす人間としては、やはり日本らしいものが落ち着きますね。当時京都に引っ越してきたばかりの興奮も相まって、京都の街中にありそうな色を選んでみました。色の選択後、全体的に彩度を落として落ち着いた色味に。

ぱっと見た印象は渋くて目を引かないかもしれないですが、コードを書くという仕事をサポートする色としては、むしろこのくらい遠慮しているほうが良い気がします。自分好みでつくったからというのもあると思いますが、かれこれ3年間、飽きずに毎日使っているので、もしVimmerの方がおられましたら、ぜひ使ってみてください。

Andon: Colorscheme for Vim