安部龍太郎『等伯』を読んだ

等伯 上 (文春文庫)

等伯 上 (文春文庫)

等伯 下 (文春文庫)

等伯 下 (文春文庫)

日本画に最近興味が出てきているというのもあって、この本を手にとってみたのですがこれが面白かった。時代小説はこれまで読んだことがなかったのでそういう点でも新鮮でした。

等伯の生涯をなぞるような構成で、故郷の七尾と主な舞台でもある京都や堺での画業に打ち込む様子が綴られている。自分に負けそうになったり生き方について葛藤していたりします。身の危険と隣り合わせの環境が、画家のキャリアの難しさと重なってドラマチックな人生だなという感想を抱きました。自分勝手なところもあるけど力強い意志を持つような人柄は個人的に好きなかんじです。

テストに出るかもしれないので代表作は覚えておきたいですね。

  • 『日堯上人像』本法寺蔵
  • 『山水図襖』圓徳院蔵
  • 『利休居士像』不審菴蔵
  • 『楓図』智積院蔵
    • 智積院には旧祥雲寺障壁画として他に4枚ある
    • 智積院には息子久蔵の『桜図』もある
  • 『松林図屏風』東京国立博物館蔵
  • 『仏涅槃図』本法寺蔵
    • 通常複製の展示だが春季特別寺宝展は等伯の正筆が見れる

自分が住んでいる町が舞台となる小説は風景がイメージできて深みが増しますね。小説自体の楽しみもあるけど、土地の歴史を知って愛着がわきます。時代小説というものに興味が出たのですこし広げてみようとも思いました。まずは本書でも出てきた狩野永徳、豊臣秀吉、千利休あたりを探してみようかなと考えています。