リズ・ワイズマン/グレッグ・マキューン『メンバーの才能を開花させる技法』を読んだ

メンバーの才能を開花させる技法

メンバーの才能を開花させる技法

  • 作者: リズ・ワイズマン,Liz Wiseman,グレッグ・マキューン,Greg McKeown,(序文)スティーブン・R・コヴィー,Stephen R. Covey,関美和
  • 出版社/メーカー: 海と月社
  • 発売日: 2015/04/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (3件) を見る

本書は、組織の中での良きリーダーの振る舞いとはなにかを、著者らが150人の推薦者(リーダーと共に働き彼らを深く知る者)へのインタビュー結果を踏まえて考察した本です。メンバーを活かすリーダーを「増幅型リーダー」、他方を「消耗型リーダー」と呼んで、それぞれの典型的な振る舞いを対比し、またその効能が示されています。大雑把に言うと、リーダーの振る舞いによって、リーダーと部下との関係性が決まり、部下の力を大きく開放したり、抑えつけてしまったりする、その結果ビジネス的な結果を残せたり残せなかったりする。今すぐあなたも増幅型リーダーになりましょうという事が書いてあります。

本書ではリーダーの話がなされるわけですが、文字通りの組織のリーダーだけでなく、もっとカジュアルな関係――メンターとメンティー、教師と学生、親と子といったような関係においても参考になる部分が多いと思います。

実体験としても、チームのリーダーが変わっただけで仕事のパフォーマンスが大きく落ち込んでしまった経験をしたことがあるのですが、翻って自分がメンターという立場になったとき、かつて自分が感じたようにメンティーをがっかりさせたくない、自分を超えるような成長をしてほしいと思い、復習する気持ちで手に取ってみた本でした。分かりやすくまとまっているので、自分の中に行動の規範を持つことができるのがおすすめのポイントです。

さて、本書で言うところの増幅型リーダーと消耗型リーダーの違いについては、第7章に見やすい表がありましたので、まずはこれを心に留めておけば十分だと思います。書籍の中ではこれらが具体的にイメージできるように事例を交えて話が進んでいきます。

目標 消耗型リーダーの思い込み 増幅型リーダーの思い込み
才能のマグネット メンバーは私に報告義務があり、自分が命令しなければなにもできない メンバーのなかに才能を見つければ、それを活用できる
解放者 上からの圧力が業績を上げる 最高のアイデアは自発的に生まれるもので、もぎ取るものではない
挑戦者 自分がすべての答えを知っていなくてはならない 挑戦することで、人は賢くなる
議論の推進者 耳を傾ける価値のある人は少ない みんなが協力すれば、問題が解決できる
投資家 私がいなければ、メンバーは問題を解決できない メンバーは有能だから、自分で解決策を見つけられる

『メンバーの才能を開花させる技法』p.264

読んでいると自分は消耗型リーダーの振る舞いをしていることがあるのでは?と心配になってくるのですが、ごく少数の人を除けば、大多数の人はいずれの特徴も持っていて、増幅型と消耗型の間のどこかにいるらしいです。またその時の状況や関係性にも影響を受けると思いますし、心配しすぎることはなさそうです。メンバーの知性や能力を引き出せるリーダーになりたいですね。