伊藤守『コーチング・マネジメント』を読んだ

コーチング・マネジメント―人と組織のハイパフォーマンスをつくる

コーチング・マネジメント―人と組織のハイパフォーマンスをつくる

良いコーチに備わっているコンピタンシーとはどのようなものなのかを学べる書籍でした。実践的なコーチングのスキルも大事ですが、その背景にある考え方を知ることができたのが良かったです。自分より若いデザイナーの成長を支援するためにできることはないかと思い手にとってみたのですが、案の定様々な学びがありました。やはりスキルに関しては、いくら頭に入れたとしても場数を踏まないことには伸びていかないと思うので、ひとつずつ挑戦かなと思います。

クライアントの技能や職務、コーチングしようとする領域によってコーチングが機能するかどうかが変わってくるそうです。それもそのはずで、基礎的な知識や技能がある一定以上ないと、行動を促されたとしても実際の行動までつながらない場合もあるでしょうし、高度な技能が必要な仕事に取り組もうとしているときは具体的に教えていったほうが現実的な場合もあります。

なんとなくティーチングよりもコーチングのほうが高尚な行いのようなイメージがあったのですが、どちらも大事だよなと、最終的には認識しています。自分の場合だと、基本的には仕事上のメンター・メンティーの関係でどうするかという話になるので、同じ職種の相手をみているからでしょうか、コーチングの態度だけでは仕事を進めるのにはちょっともの足りないという感覚です。小並感ですが、要は塩梅で、コーチングの姿勢をベースにしつつも、目の前の状況で使い分けていくのがいいのかなと思っています。実践しながら自分のスタイルを徐々に作っていきたいところです。

読書メモ

  • ゴルフを教えないゴルフコーチ
  • 考え方ややり方に直接関わるというよりは環境を整えることに注意を向ける
  • オートクラインとパラクライン
  • パーソナルOS
    • 変える必要のないOSは、性格、価値観、タイプ、ハイパフォーマンス・パターン
    • バージョンアップできるOSは、ものの見方、ものの捉え方
  • WHYはクローズドクエスチョンに用いられることが多い。そこで、HOWやWHATを使う
    • WHATは潜在的な問題をはっきりさせることができる
    • HOWは潜在的な問題に焦点を当てて、発展させることができる
  • チャンクアップとチャンクダウン
  • 目標設定の検証
    • 外部基準をはっきりさせる
    • 目標に向かう過程で何を学ぶことができるか
    • 目標に向かう過程でどんな体験をするか