『エモーショナル・デザイン』(D·A·ノーマン)を読んだ

エモーショナル・デザイン―微笑を誘うモノたちのために

エモーショナル・デザイン―微笑を誘うモノたちのために

  • 作者: ドナルド・A.ノーマン,Donald A. Norman,岡本明,安村通晃,伊賀聡一郎,上野晶子
  • 出版社/メーカー: 新曜社
  • 発売日: 2004/10/15
  • メディア: 単行本
  • 購入: 3人 クリック: 132回
  • この商品を含むブログ (58件) を見る

ノーマン氏の書籍を読んだのは『誰のためのデザイン?』に続き2冊目。本書は2004年初版ということで、実に15年も昔の本になる。取り上げられる例が古く感じるのが気になるが、主に情動という側面に焦点を当てた本ということで楽しめる。ここでいう情動とは、本能レベル、行動レベル、内省レベルという三段階の認知と情動システムを指している。これら3つが満たされた時、真に人々に受け入れられるモノのデザインができるとノーマンは説いている。

『誰のためのデザイン?』では機能性という側面に着目して行動レベルの話を扱っていた。しかしデザイナーからは「使いやすくはなるだろうが、見かけはひどいものになるだろう」との批判を受けたのだという。そもそも氏は、芸術性や情動を見下すつもりはなかった。デザインの世界で、単に機能性という側面の地位を上げたかったのだと言っている。ノーマン氏はそんな批判に加え、魅力的な美しさと知や、楽しみと使いやすさは共存できるのではないかという疑問から、科学者としての好奇心が駆り立てられ、また2001年からの研究生活の成果として、本書を記すに至っている。

つまり、本書は氏が見下すつもりのなかった「本能的デザイン」や「内省的デザイン」の部分をフォローするような内容となっている。使いやすさの話はほとんど出てこない。

これらデザインの3つのレベルと製品の特性との対応付けが、単純化されて次のように示されていた:

本能的デザイン → 外観
行動的デザイン → 使うことの喜びと効用
内省的デザイン → 自己イメージ、個人的満足感、思い出

エモーショナル・デザイン p.50

使いやすさを究極的に突き詰めていけば、どの製品も画一的な見た目になるだろうし、ブランドの個性というものもなくなっていく。初見での魅力や使い込んでいくうちに紡がれるユーザーと製品との物語とか感情などの話がなくなってしまえば、製品に対して愛着が持てなくもなる。どんなに使いやすくても楽しくなかったら所有したいとか使い続けたいとは思えないだろう。私たちが、数あるチャットサービスの中からSlackを選んだように。

機能性の部分に関しては、ある程度ロジカルに考えることができるし、そのためのわかりやすい手法も開発されている。つまり取り組みやすく成果がわかりやすい。一方、本能的な部分や内省的な部分は個人の感情とも結びついていて、良し悪しは当然あるのだが、それを生み出す難易度は高い。これは経験的に、そして観念として理解される。たった一つのデザインですべての人を満足させることは無理であるから、これは難しい。

本書を読んでいて、情動は、普段私たちが一般にデザインと向き合う時に「感覚」と呼ぶものに近いように思えた。情動に関する知識は、製品のデザインと向き合うときに、デザインのテクニカルな話が、より解像度の高い言語でもって交わされる機会を提供するだろう。

ノーマン氏の「使いやすさ」じゃないところの考えが補完できるという点で、『誰のためのデザイン?』に影響を受けたデザイナーには、ちょっと古い内容だけれど、本書もセットで読んでみることをお薦めしたい。人間中心的なアプローチを客観的に捉えるために。私は本書から、デザインにおける情動と感情、そして芸術性に関する視座を高めることができた。

読書メモ

  • 人の心の動きは、情動は比較的短時間、気分はより長く、性向は数年から一生涯、パーソナリティは一生涯にわたる p.42
  • ブランドとは情動が全てである。情動は判断がすべてである。ブランドは我々の情動反応の記号であり、それゆえに商売においてブランドが非常に重要である p.78
  • 人間中心的なアプローチを反復することは行動的デザインに対してうまく働くが、本能的あるいは内省的な側面には必ずしも適切とはいえない。反復的な方法は、妥協、話し合い、合意によるデザインになる。その結果は安全で効率的なものであることは確かだが、必ずや味気ないものとなる。 p.129
  • デザインそのものがエレガントで美しく、あるいは遊び心もあって楽しいなら、感情システムはやはりポジティブに反応する。p.185
  • 傍観者の無関心。p.194