2019年の水泳大会

f:id:murata_s:20191002134857j:plain

今年エントリーした大会がぜんぶ終わりました。今年は水泳の大会に初めてエントリーした年だったので、プライベートの過ごし方がいつもと違っていて、シーズンの半年間くらいは次の大会に備えて泳いでおかないと、という緊張感があって新鮮でした。学生の頃の部活動のよう。

今年の初め頃だったか、まだ歯が立たないだろうなと思いつつも、自分にとっての水泳の意味を、フィットネスからスポーツに変えたいなと、自分を試してみたい気持ちがふつふつと湧いてきて、大会情報を収集しはじめたのでした。でも、水泳の情報はまだまだインターネットに少ない感じがしますね。当日の様子はやっぱり行ってみないとわからない。とりあえずエントリーしてあとは何とかなるでしょうという感じでした。

初年度から勢い込んで3つの大会に出ることに決めました。1つは競泳、残りの2つはOWSです。OWSは淡水と海水という選び方をしたので、2つになりました。いずれにしても一人チームだったので、他の選手と会話したりはしませんでしたが、同じスポーツを楽しんでいる人たちがたくさん集まっている様子とか、会場のわいわいしている雰囲気に浸っているだけでも楽しかったなあーと。ほどよい緊張感とゆるさがどの大会にもあって良かったです。タイムが残るのは、やはり次の目標になって嬉しい。

OSAKA MASTERS OPEN 2019

6月、大阪にて。自分にとって初回の大会ということで、ベーシックに自由形の100mと50mに出場してみることにしました。一番の心配事は飛び込みのスタート。幼少の頃にした事はあると思うけど、遥か昔の記憶しかなくて、うまくいくかどうか心配していました。レース開始前の練習タイムで何度か練習して無理やり自信をつけました。周りの人もみんなそんな様子でしたが(苦笑)

f:id:murata_s:20191002094903j:plain

自分が25歳区分というのもあるだろうけど、イメージしていた通り、しっかりトレーニングを積んできた人が多かった印象です。組の中でも最後にゴールする想定のレーンが最初からアサインされていました。自分のタイムを知らなかったのでジムで適当に測って、50mの自由形は46秒でエントリー。結果は31秒でした。年代別の最下位でしたが、40秒を切るのは絶対に無理だと思っていたので、想定以上のタイムが出せただけで満足です。

エントリー種目が2つでも着替えたりアップしたり招集されたりしているとまあまあ忙しいですね。次の機会には別の種目にも挑戦してみたいところです。

第6回 琵琶湖・長浜オープンウォータースイムレース

京都に住んでいると遠出しないことには水がない。遠出してまで泳ぐのか?と最初は思っていましたが、今となっては現地の観光もできるので一石二鳥と思うようになりました。ただ、長浜は初めてのOWSということで、前日の練習会に参加してほとんど観光はしませんでした。練習会は参加の敷居を下げる良い取り組みだと思います。おかげさまでコースロープのないところを泳ぐ不安がだいぶ解消されました。

f:id:murata_s:20191002094939j:plain

数日前に台風がきていて、開催できるのか心配していましたが、なんとか早々に過ぎ去ってくれて絶好の天気に。本番のレースは1kmを泳ぎました。スタートは中央からすることにして、OWSの醍醐味の(?)バトルを経験してきました。スピードを出すと蹴られ、避けようと思うと殴られ、緩めようとすると蹴ってしまう。みなさん良い大人ですし、特に困るような接触はなかったですが、念のために気は引き締めていきたいなと思いました。

第一ブイを回る少し前には落ち着きはじめていたので、フォローする選手を見つけて、後をついていく作戦で泳ぎました。二週目に入ってすぐには、ウェーブスタートした女子の先頭集団にガンガン追い越されて、それにつられてか周りの男子のペースも上がって、フォローしていた選手に離されてしまいました。ラストはコースを少し外れてしまいましたが、初回の目標としていた完泳は無事達成です。

オープンウォーターだと1kmをあまり長く感じなかったので、少し距離を伸ばしても良いかなと思ったり。MCの人は900人と言っていましたが、アクセスも良くて参加しやすいですね。会場には屋台がいくつも出ていて、まさにお祭りでした。

せとうちオープンウォータースイミング 2019 in 渋川

2回目なので当日のレースだけ参加すればOKという気持ちの余裕が生まれました。となると、前日に予定を入れられます。岡山県の渋川海岸が会場だったので児島をぶらぶらすることにしました。児島と言えばジーンズということで、いろいろ試着して気に入った1本を買って帰りました。児島から渋川海岸まではホテルの送迎バスで移動です。

f:id:murata_s:20191002094924j:plain

数日前から雨の予報でしたが、当日は暑すぎず寒すぎずのちょうど良い気候に恵まれました。こちらも1kmで、長浜のタイムを上回ることを目標に。スタート場所への入場の流れで自然と一番端からスタートすることになりました。とても穏やかな気持ちで泳ぎ始められたので、やや距離は伸びるのかもしれませんが、端っこは悪くないです。

そこそこのペースを維持して泳ぎきる作戦で臨みましたが、途中で疲れてだらけてしまった。最終ブイを回ってからはまたスピードが戻っていましたが、ペース配分はもうちょっとイメージしておきたいなと思いました。とはいえ結果は1分20秒もタイムが縮まって16分14秒。すごい。体力というより環境の違いなのではとも思いますが。。

時計回りのコースで、周回ごとに計測の板をタッチするというIoT感のあるレースで、この分野にもインターネットが!となりました(長浜でもチップを装着しましたが、こちらはより自動化されたシステムを利用しているようですね)。結果がウェブで見れてパーマリンクまであります。ありがたい。

せとうちオープンウォータースイミングin渋川大会


来年は旅行らしい旅行もしたいのでほどほどにしつつ、また別の地域の大会を探してみようと思っています。